カテゴリー
保険

保険チャンネルの無料相談で最適な保険を見つける!

headway-5QgIuuBxKwM-unsplash
ファイナンシャルプランナーに無料相談し

ライフプランを改善するなら

★「保険チャンネル」★
物価が上がり、給与が増えない今の日本ですが、

病気やケガ等、もしもの事が自分や家族に起きた

場合に何かと心配になるのは、お金の事です。

生活を維持するにはやはりお金の心配は尽きません。

そこで今回ご紹介するのは、それぞれのライフプランに

合わせて少しでもリスクを回避して、安心して生活を

送れるよなプランを、専門家の方がアドバイスして

くれる「保険チャンネル」のご紹介です。

「保険チャンネル」では、家計のお悩み、老後資金の

お悩み、資産運用のお悩み、住宅購入やローンのお悩み、

ライフプランのお悩み、保険選びのお悩み等、お金の

プロであるファイナンシャルプランナーがしっかりと

知識をフル活用してアドバイスしてくれるので、

未来に向けた改善方法を探してくれるので、非常に

オススメなのです。

そもそも保険は、日常生活で起こる様々なリスクに

備える制度で、病気やケガ、死亡、事故などの不測の

出来事、火災、台風や地震などの自然災害、第三者への

損害賠償責任の負担や事業で被る不利益など、リスクを

あげればきりがありませんが、そこを回避する事が

出来るので安心の材料になります。

ただし、年齢や、生活状況や収入等、人それぞれ環境が

違うので、無駄に加入したり、意味のないものを選んで

しまうのは、適切ではないので、その見極めに

「保険チャンネル」のファイナンシャルプランナーに

相談するのもありなので、活用してみて下さい。

vlad-deep-mCqi3MljC4E-unsplash

それではまず保険を考え始めた方に、年代別の保険の

選び方を簡単にご紹介したいと思いますので、

何かの参考にしてみて下さい。

①20代の選び方

20代では未婚で子どももいないケースが多いので、

保険の必要性は薄い年代だと思いがちです。

しかし、貯蓄額がまだ十分でない人が多いため、

病気やケガなどで働けなくなったときのリスクが

大きいとも言えます。

この年代は、養っている人がいないなら死亡保障の

必要はなく、医療保険などで自分自身の生活を守る

ことを考えておいた方が良いです。

保険料は安い年代ですので、保険料の変わらない

終身タイプの保険に20代のうちに入っておくのも

ひとつの方法です。

特に、女性特有の疾病は、20代から罹患率が高い

ものもあるで、気になる方は「保険チャンネル」の

FPに相談してみて下さい。

②30代の選び方

30代は、結婚する、子どもが生まれる、マイホームを

持つ、といったライフステージ上の変化が訪れる人が

多い年代です。

家族のための死亡保障が必要になる一方で、子どもの

教育資金や、マイホームのための貯蓄・住宅ローン返済

などのお金が必要になります。

 
積立型の保険でお子さんの教育資金を準備しつつ、

保険料が割安な掛け捨て型の保険で死亡保障を充実

させるなど、性質の違う保険商品を組み合わせて

活用することも検討してみましょう。

③40代の選び方

40代は、新しく保険に加入するというより、30代の

ときの保険を見直し、今後のライフスタイルに沿った

ものにしていく時期と言えます。

死亡保障の必要性は徐々に低くなり、自身の老後に

向けた資金準備の比重が高くなります。

また、この頃から、がんの罹患率が高くなり始める

ので、がん保障について検討しても良いです。

④50代の選び方

50代は、目前に迫った老後の資金準備を真剣に考えたい

年代です。

手持ち資金に余裕がある人は、変額年金や外貨建て保険の

ような投資性のある保険を考えても良いです。

老後の健康や、要介護状態にならないかが心配であれば、

終身型の医療保険や介護保険を考えるのもひとつです。
このように保険の考え方は、環境やライフスタイルによって

変わってくるので、「保険チャンネル」のファイナンシャル

プランナーに是非相談してみて下さい。

この機会に、「保険チャンネル」をチェックしてみて下さい!

保険チャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です