カテゴリー
保険

マネプロを利用して将来に向けた生活設計を見直す!

andrew-neel-cckf4TsHAuw-unsplash (1)
様々な角度から金融と保険の知識を活かし

ライフプランに合わせた生活設計を

見つけるなら

★「マネプロ」★
生活設計にあったお金の使い方に悩む家庭は

多いと思います。

家庭によっては、教育にかけるお金、

家にかかるお金、食費にかけるお金、

貯蓄にかけるお金と、もちろん収入のバランスに

よって変わりますが、色々と工面されていると

思います。

ただ何気なく支払っているお金も、それだけなら

何も価値を生み出しませんが、保険を利用する事で、

万が一のお金を工面出来たり、住宅ローンを組む

ことで、大きく控除される税金の仕組みを利用

したり、貯蓄のお金の一部をNISAやiDeCoに

分散させることで、今のお金が大きく価値のある

お金に生まれかわる事が出来るのが、今の金融事情

なのです。

しかし、そんな知識を持ち合わせている方は少なく、

知識がない事で大きなチャンスを逃している可能性も

あるのです。

そんな時に是非皆さんにご紹介したいのが、

お金のプロであるファイナンシャルプランナーや

ファイナンシャルアドバイザーに無料で相談に

乗ってもらうことが出来る「マネプロ」なのです。

先程もお伝えした、保険・資産運用・住宅ローンなど、

幅広い知識をもったプロフェッショナルが、特定の

金融機関に偏らない立場からライフプランの実現を

プロデュースする無料のワンストップ金融コンサル

ティングサービスなので、利用してみる価値ありです。

krakenimages-376KN_ISplE-unsplash

それではまずそんな「マネプロ」の保険内容について

簡単にご紹介したいと思います。
万が一があった時のための保険ですが、商品により

保障内容も料金も様々です。

「マネプロ」ではアバウトな人生設計をするの

ではなく、その方の収支や保険に入る目的、

家族構成などを基に、問題が起きた時に必要な

費用などを細かくシュミレーションし最適な

保険の提案を受けることができます。

更に約50社以上と提携しているので様々なニーズに

応えることが出来るので、自身に合ったものが

見つかる可能性も高いのです。

ちなみに生命保険会社で提携している先は、

アクサ生命保険株式会社、アクサダイレクト生命保険

株式会社、朝日生命保険相互会社、アフラック生命保険

株式会社、SBI 生命保険株式会社、、住友生命保険

相互会社、ソニー生命保険株式会社等の名だたる会社の

良いものを利用する事が出来るので、大きなメリットが

あるのです。

次に生命保険の主な役割と備えられるリスクについて

ご紹介したいと思いますので参考にしてみて下さい。
①死亡・高度障害

死亡・高度障害への備えとして代表的な保険商品は、

死亡保険や収入保障保険です。

保険の対象となる被保険者が死亡・高度障害状態に

なったときに、保険金を受け取れます。

なお、高度障害状態とは、病気やケガにより身体の

一定の機能が重度に低下している状態のことです。

②病気・ケガ

病気・ケガへの備えとして代表的な保険商品は、

医療保険やがん保険などです。

被保険者が、病気・ケガで入院した場合の入院費用や

手術費用が保障されます。

一般的に広く知られているのは医療保険ですが、

その他に三大疾病、七大疾病などの生活習慣病を保障の

対象とする、疾病を限定した保険も数多く販売されて

います。

③介護

介護保険は、被保険者が保険会社所定の要介護状態が

継続している場合に、一時金や年金形式で保険金を

受け取れるのが特徴です。

所定の要介護状態とは、国の公的介護保険に連動して

いるタイプと、保険会社独自の基準を定めている

タイプの2つがあります。

④働けなくなったとき

働けなくなったときの備えとしての保険商品には、

就業不能保険があります。

死亡・高度障害には至っていないものの、ケガや

病気で長期間働けなくなったときの収入の減少を

カバーするための保険です。

このように、人生は何が起きるか分からないものです。

そんな時にも、しっかりと不安の解消できる保険を

見つけておくことで、前向きな人生に変わるはずです。

これをきっかけに気になった方は是非、

「マネプロ」をチェックしてみて下さい!

カテゴリー
保険

保険見直しラボで保険のいいとこどり!

priscilla-du-preez-7ilpPBxTavU-unsplash (1)
🔳保険見直しラボ🔳
で、

保険のいいとこどり!

年齢を重ねると共に、体力も身体も老化し、

健康の大切さをしみじみと感じる今日この頃です。

怪我や病気のリスクも若い頃に比べると増え、

家庭や老後の事も考えると、更にお金の不安が

つのるものです。

周りの皆さんはどうやって、そんなお金のやりくりを

しているのかも興味が湧いてくるくらいです。

そこで今回活用してみたいのが、お金や保険について

プロの方がアドバイスしてくれる★保険見直しラボ★です。

保険はあらゆるリスクを回避できるものですが、

数が多種多様で、どれが自分のライフスタイルに

合っているのか、無駄なく最適なものなのかを

見つけるのは、なかなか難しいものです。

しかし「保険見直しラボ」を活用する事で、そのような

不安が解消されしっかりと相談の上で最適な保険を

見つけ出すことができ、今後の生活を大きく変化

させることが出来るのです。

そんな「保険見直しラボ」の

注目ポイントとしては、

①全国展開の訪問型保険相談サービス

「保険見直しラボ」は全国約70拠点ある訪問相談を

主とした、保険相談サービスなのです。

お客さまのご希望の場所にお伺いをするので、

支店がお近くにない場合や、お店まで行くのが

難しい方におすすめのサービスなのです。

②優秀なコンサルタントをマッチング

「保険見直しラボ」は平均業界経験年数12.1年と

ベテランコンサルタント揃いの保険代理店です。

また、昨今の保険業法改正もある中、他の保険相談

マッチング業者様とは違い、保険代理店が運営して

いることから、 金融機関として更にコンプライアンスを

重視した運営を行っているのです。

お客さまの大切な情報をお預かりし、優秀な

コンサルタントがその家庭にあったご提案をして

くれるので、安心して 「保険見直しラボ」の訪問保険

相談サービスを利用することが出来るのです。

sandy-millar-KhStXRVhfog-unsplash

③約30の保険会社からオーダーメイド

「保険見直しラボ」は特定の保険会社にこだわる

ことなく、多くの会社の商品からお客さまに合った

保険をご提案してくれます。

複数社取り扱っているからこそできる、その方に

最適な保険をオーダーメイドでカスタマイズして

くれます。

主な保険会社としては、

・東京海上日動あんしん生命保険株式会社

・アクサ生命保険株式会社

・朝日生命保険相互会社

・アフラック生命保険株式会社

・FWD生命保険株式会社

・オリックス生命保険株式会社

・ジブラルタ生命保険株式会社

・ソニー生命保険株式会社

・SOMPOひまわり生命保険株式会社

・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

・アイペット損害保険株式会社

・AIG損害保険株式会社

・SBI損害保険株式会社

・スター保険

・セコム損害保険株式会社

・セゾン自動車火災保険株式会社

等など、名だたる会社の良い所を取り入れることが

できるので、最適な保険を見つけるには非常にいい

環境なのです。

④最速マッチング!最短10分

ご要望に即お応えできるよう、お申込みからご面談の

日程確定までのお時間を最短でお届けするよう心がけて

くれます。

お仕事や家事、育児などでお忙しく、なかなか保険を

見直すお時間を作れない方に対しても、貴重なお時間を

大切にしてくれます。

保険相談のマッチングサイトは数多くありますが、

「保険見直しラボ」では、お申込みからはじまり、

その方にマッチした最適のコンサルタントを最短で

ご提案してくれます。

保険に加入するタイミングは人それぞれですが、

何かのきっかけに★保険見直しラボ★

利用してみて下さい!

ライフスタイルにあった独自の保険を見つけることが

出来るはずです。

保険見直しラボ

カテゴリー
保険

保険チャンネルの無料相談で最適な保険を見つける!

headway-5QgIuuBxKwM-unsplash
ファイナンシャルプランナーに無料相談し

ライフプランを改善するなら

★「保険チャンネル」★
物価が上がり、給与が増えない今の日本ですが、

病気やケガ等、もしもの事が自分や家族に起きた

場合に何かと心配になるのは、お金の事です。

生活を維持するにはやはりお金の心配は尽きません。

そこで今回ご紹介するのは、それぞれのライフプランに

合わせて少しでもリスクを回避して、安心して生活を

送れるよなプランを、専門家の方がアドバイスして

くれる「保険チャンネル」のご紹介です。

「保険チャンネル」では、家計のお悩み、老後資金の

お悩み、資産運用のお悩み、住宅購入やローンのお悩み、

ライフプランのお悩み、保険選びのお悩み等、お金の

プロであるファイナンシャルプランナーがしっかりと

知識をフル活用してアドバイスしてくれるので、

未来に向けた改善方法を探してくれるので、非常に

オススメなのです。

そもそも保険は、日常生活で起こる様々なリスクに

備える制度で、病気やケガ、死亡、事故などの不測の

出来事、火災、台風や地震などの自然災害、第三者への

損害賠償責任の負担や事業で被る不利益など、リスクを

あげればきりがありませんが、そこを回避する事が

出来るので安心の材料になります。

ただし、年齢や、生活状況や収入等、人それぞれ環境が

違うので、無駄に加入したり、意味のないものを選んで

しまうのは、適切ではないので、その見極めに

「保険チャンネル」のファイナンシャルプランナーに

相談するのもありなので、活用してみて下さい。

vlad-deep-mCqi3MljC4E-unsplash

それではまず保険を考え始めた方に、年代別の保険の

選び方を簡単にご紹介したいと思いますので、

何かの参考にしてみて下さい。

①20代の選び方

20代では未婚で子どももいないケースが多いので、

保険の必要性は薄い年代だと思いがちです。

しかし、貯蓄額がまだ十分でない人が多いため、

病気やケガなどで働けなくなったときのリスクが

大きいとも言えます。

この年代は、養っている人がいないなら死亡保障の

必要はなく、医療保険などで自分自身の生活を守る

ことを考えておいた方が良いです。

保険料は安い年代ですので、保険料の変わらない

終身タイプの保険に20代のうちに入っておくのも

ひとつの方法です。

特に、女性特有の疾病は、20代から罹患率が高い

ものもあるで、気になる方は「保険チャンネル」の

FPに相談してみて下さい。

②30代の選び方

30代は、結婚する、子どもが生まれる、マイホームを

持つ、といったライフステージ上の変化が訪れる人が

多い年代です。

家族のための死亡保障が必要になる一方で、子どもの

教育資金や、マイホームのための貯蓄・住宅ローン返済

などのお金が必要になります。

 
積立型の保険でお子さんの教育資金を準備しつつ、

保険料が割安な掛け捨て型の保険で死亡保障を充実

させるなど、性質の違う保険商品を組み合わせて

活用することも検討してみましょう。

③40代の選び方

40代は、新しく保険に加入するというより、30代の

ときの保険を見直し、今後のライフスタイルに沿った

ものにしていく時期と言えます。

死亡保障の必要性は徐々に低くなり、自身の老後に

向けた資金準備の比重が高くなります。

また、この頃から、がんの罹患率が高くなり始める

ので、がん保障について検討しても良いです。

④50代の選び方

50代は、目前に迫った老後の資金準備を真剣に考えたい

年代です。

手持ち資金に余裕がある人は、変額年金や外貨建て保険の

ような投資性のある保険を考えても良いです。

老後の健康や、要介護状態にならないかが心配であれば、

終身型の医療保険や介護保険を考えるのもひとつです。
このように保険の考え方は、環境やライフスタイルによって

変わってくるので、「保険チャンネル」のファイナンシャル

プランナーに是非相談してみて下さい。

この機会に、「保険チャンネル」をチェックしてみて下さい!

保険チャンネル

カテゴリー
保険

民間保険のメリットとデメリットとは?

民間保険は、生命、健康、自動車、住宅など、さまざまなカテゴリーで提供されており、多くの人々に利用されています。
しかし、民間保険にはメリットとデメリットがあるため、保険加入前に理解しておくことが重要です。
この記事では、民間保険のメリットとデメリットについて解説します。

 

メリット

選択肢の多様性:民間保険市場にはさまざまな保険会社やプランが存在するため、予算やニーズに合った選択肢を見つけやすいです。

迅速な対応と保証:保険会社は通常、事故や病気の際に迅速なサービスと補償を提供し、治療費や修理費をカバーしてくれます。

デメリット

保険料の負担:民間保険は公的な保険に比べて保険料が高い傾向にあり、予算に負担をかけることがあります。

除外事項と制限:一部の疾患や事故は保険から除外されることがあるため、事前にしっかりと保証内容を確認しておくことが必要です。

契約の複雑さ:契約内容や条件が複雑であり、理解するのが難しい場合があります。

 


民間保険はいざという時のための魅力的な保険ではありますが、メリットとデメリットを正確に理解することが重要です。
カスタマイズ可能な保証内容、迅速な対応、多様な選択肢は魅力的ですが、高い保険料や除外事項、契約の複雑さにも注意が必要です。
保険を選ぶ際には自身のニーズと予算を考慮し、慎重に検討しましょう。

カテゴリー
保険

公的保険と民間保険の違いとは?

民間保険を検討する際には公的保険の制度や概要を知っておくことで、
加入する民間保険を選びやすくなり、保障額についても理解をした上で決めやすくなります。
今回の記事では、公的保険と民間保険の違いについて解説します。

公的保険とは


公的保険は、人生のさまざまなリスクに幅広く対応するために、国や地方自治体等の公的機関が運営している保険です。
社会保険とも呼ばれます。
公的保険には健康保険、介護保険、年金保険、雇用保険、労災保険の5つの種類があり、働き方や所得などによって、加入する保険の種類や負担する保険料、受け取れる給付の種類が変わります。
自身が現在どの公的保険に加入しているのかを確認し、公的保険で備えられるリスクや給付を受け取れるタイミング、受け取れる給付の種類を理解しておきましょう。
足りない保障については、民間保険への加入の検討をしましょう。

民間保険とは


公的保険での保証のみでは不足していると感じた場合に、個人的に保険料を負担して加入する保険が民間保険です。
民間保険には大きく分け、生命保険と損害保険があります。

 

今回紹介した通り、公的保険と民間保険では保証内容が異なります。
公的保険の保証内容だけでは足りないと感じた際には、民間保険への加入も検討しましょう。

カテゴリー
保険

生命保険と損害保険の特徴と違いとは?

一口に保険と言っても様々な種類があります。
その中から今回は、生命保険と損害保険の特徴と違いについて解説します。

 

生命保険とは

生命保険とは、主に人に関するリスクに備える保険のことを指します。
生命保険は、病気やケガで自身や家族に万が一のことが起こった際、残された家族の生活を経済的にサポートするための保険です。
また、生命保険のなかには、万が一のときの備えだけではなく、将来に向けた貯蓄として併用することが可能なものもあります。
たとえば子どもの学費の積み立てを目的とした学資保険や、老後に必要となる資金の準備を目的とした個人年金保険などが貯蓄性も兼ね備えています。

損害保険とは?

損害保険とは、主に物や財産に関するリスクに備える保険のことを指します。
損害保険では偶発的な事故や災害で建物や自動車などに損害が生じたとき、その経済的なダメージを補ってくれます。
偶発的な事故で他人を傷つけてしまったときの損害なども補償の対象となるタイプもあります。
自動車事故で他人や他人の物を傷つけてしまったときに備える自動車保険、火災や水災などの自然災害で建物が損壊したときに備える火災保険などが、損害保険の代表的なものと言えます。

 


生命保険と損害保険では、保険の対象となるものが異なるので、自身に必要な保証をしっかりと考慮した上で保険を検討しましょう。

 

カテゴリー
保険

定期保険と終身保険の違いとは?

生命保険を検討する際、定期保険にするべきか終身保険にするべきか悩まれる方も多いと思います。
そこで今回の記事では、定期保険と終身保険の違いについて解説します。

定期保険


定期保険は保障期間・保険料払込期間、そのどちらも一定期間の生命保険です。
保険期間は10年、20年など契約内容によって様々です。
年満了の場合は、保険期間満了時に所定の期間まで更新することができます。
定期保険は、加入時の保険料の負担をできるだけ抑えて一定期間の死亡保障を準備したい方におすすめです。
加入当初の期間は終身保険と比べ高額な保障を受けやすいため、ご遺族の生活保障準備として活用できます。

終身保険


終身保険は被保険者が死亡するまで一生涯、保障が継続する保険です。
保険料の払込期間も一生涯、もしくは所定の年数(60歳、65歳等)となります。
終身保険は、死亡・高度障害保障が一生涯続くため、自身の葬儀費用や家族の生活費として活用できます。
また、満期保険金はありませんが、長期継続することで解約返戻金があるため、死亡保障だけでなく、自身の将来のための貯蓄としても活用できます。

 

定期保険と終身保険、それぞれに特徴があります。
これらの特徴を比較し、自身の状況や希望に合う保険を見つけましょう。

カテゴリー
保険

予算にやさしい保険選びのコツとは?

保険はいざという時のための備えではありますが、高い保険料は生活を圧迫することがあります。
そこでこの記事では、予算にやさしい保険選びのコツを紹介します。


 

保険ニーズの選定

必要な項目を選定する:保険プランをしっかりとチェックし実際に必要な項目を選定することで無駄な保険を削減します。
しっかりとプラン内容を確認していないと、自分には不要な項目が含まれているせいで余計な費用を支払うことにもなります。

ライフステージに合わせた調整:結婚、子供の誕生、退職などのライフステージに合わせて保険プランを調整します。

保険会社とプランの比較

保険会社の比較:同じような保証内容であっても、保険会社によって費用は異なります。
複数の保険会社のサービス内容を比較し、最適なサービスを選びましょう。

プランの比較と交渉:プランの選択肢を詳しく比較し、必要に応じて交渉し保険料を削減しましょう。

割引キャンペーンなどを活用する

期間限定の割引キャンペーンなどを活用することで、通常かかる費用よりも抑えることができます。

 


保険ニーズの選定、プロバイダーとプランの比較、割引キャンペーンなどの活用、これらの戦略を実践して、賢く保険料を削減しましょう。
健全な保険プランは家計の安定にも寄与し、将来の不測の事態にも備えられる重要な要素です。