カテゴリー
英会話

日本人が発音するのに苦戦する英語の音とは?

英語の発音の中には、普段日本語を話していると使わない発音が含まれています。
そこで今回は、日本人が発音するのに苦戦する英語の音についてご紹介します。

「th」の発音

英語には「th」の2つの音があり、発音が難しいとされます。
一つは無音声の「θ」(例: “think”)で、もう一つは有音声の「ð」(例: “this”)です。
多くの言語にはこれらの音が存在しないため、発音が難しいと感じる人が多いです。

「R」の発音

英語の「R」音は、特にアジアの言語を話す人にとって難しいとされます。
英語の「R」は舌の位置と振動が他の言語と異なり、独自の音です。

「L」の発音

一部の言語では、英語の「L」音と「R」音が混同されることがあります。
英語の「L」は
舌を上の歯のつけ根にくっつけた状態で、声帯をふるわせて出す独特な音です。

子音の連続

 英語では一つの音節内に複数の子音が連続することがあり、これも発音の難しさの一因です。
例えば、「sixth」や「strength」のような単語です。

 


これらの難しい音を克服するためには、発音の練習とリスニングのトレーニングが不可欠です。
発音ガイドやオーディオ資料などを利用して、正確な発音を身につけることが重要です。
また、ネイティブの方とのコミュニケーションを通じて、実際の会話での発音の上達を目指すのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です